unityエンジニアの将来性

unityエンジニアの求人が多く出ているからといって、それが将来性にそのままむず美つくかどうかというと、すこし疑問符がついてしまうところではあると思います。そのため、せっかく求人が出ていても躊躇してしまったり、結局unityエンジニアを諦めてしまう人というのも出てくるのではないでしょうか。

しかし、unityは最近出来てきたものですから、すぐに需要がなくなるということはないと思います。それどころか、マルチプラットフォームであるために、様々な企業が参入しようと躍起になっているのが現状です。スマートフォンが普及している今の社会は、全員がゲーム機をもっていると言っても過言ではありません。ハードウェアは全員が普段からもっているものですから、後はソフトを提供するだけで良いのです。

そして、そのソフトを作るのがunityエンジニアになってくるわけです。
ゲームを作るというと難しいと感じる人も多いとは思いますが、そこはゲームエンジンなので、すこしは作りやすくなっています。
実際に触っている人からすると大事なのは「原理原則」ということで、実際にノウハウを習うよりもまずは触ってみて、慣れていくほうが簡単になるという印象のようです。また、インターネット上ではunityを使った講座など様々な記事がありますので、これから触ってみるという人でも色々な参考書がネットにあります。もとはC言語ですので、使い方さえ分かってしまえば難しいものではないと思います。

他にも開発言語は使えますので、自分の得意な開発言語で触ってみるというのが一番慣れやすい方法かもしれません。そして、スマートフォンをターゲットにしたマーケットはこれからも拡大していきますので、今からスマートフォンに参入できるのであれば、ぜひ参入しておきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll To Top